2010年12月23日

パットン大戦車軍団

(PATTON)

1970年に制作・公開された映画でアカデミー作品賞に輝いた作品
です。

もちろん公開当時は見られる訳もなく、後年ビデオで鑑賞した作品
ですが、その古き良き映画スタイルで作られた作品というイメージ
を持っておりましたが、かなり戦闘シーンなどは今見ても素晴らしい
出来です。

ハリウッド映画の底力を感じる作品です。



監督: フランクリン・J・シャフナー
製作: フランク・マッカーシー
脚本: フランシス・フォード・コッポラ
エドマンド・H・ノース
撮影: フレッド・コーネカンプ
特撮: L・B・アボット
音楽: ジェリー・ゴールドスミス

出演
ジョージ・C・スコット
カール・マルデン
マイケル・ストロング
カール・ミカエル・フォーグラー
スティーヴン・ヤング
フランク・ラティモア

第二次大戦のアフリカ戦線で活躍したアメリカの将軍、ジョージ・パットン
を描いた作品です。その勇猛かつエクセントリック行動でも知られた伝説の
軍人です。

この映画ではパットンの優れた戦略家として才能を発揮し、ロンメル率いる
ドイツ軍との攻防が最大の見どころです。


今回、調べて驚かされたのが脚本にコッポラが参加していることです。
(正直知らなかった)


現在、ブルーレイで発売されてバージョンが映像的に評価が高そうです。






ラベル:パットン
posted by fumon at 23:49| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。