2010年03月21日

1982年アカデミー賞

1982年 第55回

最優秀作品賞

ガンジー

ノミネート作品

評決
ミッシング
ET
トッツィー


最優秀主演女優賞  メリル・ストリープ
            (ソフィーの選択) 

最優秀助演女優賞  ジェシカ・ラング 
            (トッツィ) 
 
最優秀主演男優賞  ベン・キングズレー
            (黄昏) 

最優秀助演男優賞  ルイス・ゴセット・Jr
            (愛と青春の旅立ち)

最優秀監督賞    リチャード・アッテンボロー
            (ガンジー)

この年もスピルバーグはETでオスカーを受賞出来なかった。
ベン・キングズレーのガンジーに圧倒されてしまったのだろう。

この年の以外なことは、「愛と青春の旅立ち(士官と紳士)」
は作品賞にはノミネートされておりません。

ちなみにノミネートされた作品でポール・ニューマン主演の
「評決」はそれほどの作品だと感じなかった。

ジャック・レモン主演の「ミッシング」は混乱の70年代の南米
を舞台にした社会派ドラマでした。こちらは妥当なノミネート
と言えます。

しかし個人的なランキングでいくとこんな感じです。 

1 ET
2 Uボート(ドイツ映画)
3 ガンジー
4 愛と青春の旅たち
5 ミッシング
6 トッツィー
7 ソフィーの選択
8 ガープの世界
9 評決



 


posted by fumon at 18:00| Comment(0) | アカデミー賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。