2010年04月21日

2009年アカデミー賞

2009年 第82回

最優秀作品賞

ハートロッカー

ノミネート作品

アバター
しあわせの隠れ場所
第9地区
17歳の肖像
イングロリアス・バスターズ
プレシャス
ア・シリアス・マン
カールじいさんの空飛ぶ家
マイレージ・マイライフ

最優秀主演女優賞  サンドラ・ブロック
            (しあわせの隠れ場所) 

最優秀助演女優賞  モニーク 
            (プレシャス) 
 
最優秀主演男優賞  ジェフ・ブリッジズ
            (クレイジー・ハート) 

最優秀助演男優賞  クリストフ・ヴァルツ
            (イングロリアス・バスターズ)


最優秀監督賞    キャサリン・ビグロー
            (ハート・ロッカー)


先日、発表されたばかりなので記憶に新しいが、今回から作品賞の
ノミネート作品が10作品に増えております。まあ、これでノミネート
漏れが少なくなると思いますが、ノミネートする段階でちゃんと選考
していれば、10作品にする必要がなく、映画会社の要請とアカデミー
賞の番組を盛り上げるため(時間つぶし)でしょう。

今回、特に話題になったジェームズ・キャメロンとキャサリン・ビグ
ローの元夫婦対決でした。軍配はビグローに上がりましたが、個人的
には「ハート・ロッカー」に新しさを感じず、ちょっと期待外れだった

でもジェームズ・キャメロンの成功を妬むとこういう結果も仕方ない
かなと思います。

初めて記憶する俳優ですが、「イングロリアス・バスター」に出演し
怪演を見せたクリストフ・ヴァルツの助演男優賞は納得の受賞でした。

彼のフランス語、ドイツ語、イタリア語、英語と訳もなく話すところ
は観ていて、単純ですが「すげえー!」と言いたくなります。

これだけでも「イングロリアス・バスターズ」は見る価値あります。




posted by fumon at 11:56| Comment(0) | アカデミー賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。