2010年05月08日

フェルナンド・E・ソラナス

(Fernando E. Solanas)

1936年2月16日に生まれ、出身はブエノスアイレス、

1962年に映画監督としてデビューを果たしました。

日本で公開された映画は以下の3本です。

タンゴ -ガルデルの亡命- Tangos, l'exil de Gardel (1985)
- ヴェネチア国際映画祭審査委員大賞

スール/その先は…愛 Sur (1988)
- カンヌ国際映画祭監督賞を

ラテン・アメリカ/光と影の詩 El Viaje (1992)

実際観た作品は「ラテン・アメリカ/光と影の詩」だけですが
この映画はこれまで観た映画の中でベスト10に必ず入れたい
作品です。

内容はアルゼンチンの南端に住む高校生が父親を探して南米大陸
を北上し縦断する話です。そこで南米の歴史・政治・文化を壮大
な叙事詩として描いております。

高校生の旅(Viaje)は、南米を知る旅であり、光と影が織なす南米
の政治状況を実感させてくれるものです。

ぜひ観てほしい作品です。
posted by fumon at 04:07| Comment(0) | 監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。