2010年06月10日

フィリップ・ノイス

(Phillip Noyce)

1950年4月29日生まれ。

出身はオーストラリア・ニューサウスウェルズ州グリフィス。

18歳から短編映画を撮り始め、その後オーストラリアの映画学校で
学び、1977年に映画監督デビュー

最初はオーストラリアで映画制作(テレビ・ドラマ)を行っており
ましたが、1989年の映画「ブラインド・フューリー」でハリウッド・
デビューを飾ります。ちなみにこの映画は日本の「座頭市」のリメ
イクです。

彼の監督作品の映画のランキングはこうなります。


1、裸足の1500マイル Rabbit Proof Fence (2002年)
2、ボーン・コレクター The Bone Collector (1999年)
3、セイント The Saint (1997年)
4、今そこにある危機 Clear and Present Danger (1994年)
5、パトリオット・ゲーム Patriot Games (1992年)
6、硝子の塔 Sliver (1993年、米)

特に1位の「裸足の1500マイル」はオーストラリアの現代史の
影の部分を描いており、その感動は忘れられないものです。

ストーリーはアボリジニーの少女たちが文明化されるという欺瞞
の元に国家によって強制的に連れ去られるというものです。

連れ去られた少女たちは1500マイルに及ぶ距離をほとんど歩いて
家に帰るという実話がもとになった映画です。



posted by fumon at 02:09| Comment(0) | 監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。