2010年06月24日

E.T. The Extra Terrestrial

SFファンタジー映画の最高峰であり、時代を作った名作です。

映画の歴史において、スティーブン・スピルバーグの存在が娯楽産業
として映画を隆盛させたと言っていいと思います。

そして彼の最高傑作が「E.T.」だと思います。



監督 スティーヴン・スピルバーグ
製作 スティーヴン・スピルバーグ
キャスリーン・ケネディ
脚本 メリッサ・マシスン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 アレン・ダヴィオー
編集 キャロル・リトルトン


出演者 ヘンリー・トーマス
ドリュー・バリモア
ピーター・コヨーテ
ディー・ウォレス・ストーン
ロバート・マクノートン


地球探査でやって来たE.T.(地球圏外生物)が、少年エリオット兄妹
と触れ合い、友情を学ぶというものです。

おとぎ話と言えばそうなんでしょうけど、スピルバーグの思いはある
意味、自分の夢を映画で実現しているところです。多くの人が感動する
のは、誰もが一度は持った夢を映画で再現してくれたことだと思います。


posted by fumon at 23:41| Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。