2010年10月11日

トータル・リコール

(TOTAL RECALL)


1990年に制作・公開されたSF映画の傑作のひとつです。

「ロボコップ」で世界的に知られるようになったポール・ヴァーホーヴェン監督
の最高傑作だと考えております。




監督: ポール・ヴァーホーヴェン
製作: バズ・フェイトシャンズ
ロナルド・シャセット
製作総指揮: マリオ・カサール
アンドリュー・G・ヴァイナ
原作: フィリップ・K・ディック
脚本: ロナルド・シャセット
ダン・オバノン
ゲイリー・ゴールドマン
撮影: ヨスト・ヴァカーノ
特殊メイク: ロブ・ボッティン
音楽: ジェリー・ゴールドスミス

出演
アーノルド・シュワルツェネッガー
レイチェル・ティコティン
シャロン・ストーン
マイケル・アイアンサイド
ロニー・コックス
マーシャル・ベル
メル・ジョンソン・Jr

西暦2084年、火星の夢にとりつかれた一人の技師ダグラス・クエイド
はごく普通の建設労働者で美人の妻ローリーと幸せに暮らしていたが、火星の夢
に悩まされていた。そして夢による疑似体験を受けようとした事から何者かに命
を狙われ始める。さらに自分の記憶が植え付けられた物である事を知って、
本当の自分を探すため火星へ旅立つというものです。

SF映画の醍醐味がすべて味わえる作品で、1990年の作品ですが、今観てもセンス
の良さに惹かれます。





posted by fumon at 23:53| Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。