2010年10月15日

フィラデルフィア

PHILADELPHIA

1993年に制作されたエイズ問題を取り上げた映画です。(日本での公開は1994年
の4月)

エイズを発病した同性愛者の弁護士が法律事務所から不当な解雇を訴え、裁判を
通じて人間の友愛を描いた作品と言えます。

主演のトム・ハンクスはこの作品でアカデミー賞主演男優賞を受賞し、翌年も
「フォレスト・ガンプ」で2年連続受賞しました。ある意味絶頂期のトムの演技
は、人間の弱さと強さを表現し、観る者を感動させます。



監督: ジョナサン・デミ
製作: エドワード・サクソン
ジョナサン・デミ
製作総指揮: ゲイリー・ゴーツマン
ケネス・ウット
ロン・ボズマン
脚本: ロン・ナイスワーナー
撮影: タク・フジモト
音楽: ハワード・ショア

出演
トム・ハンクス
デンゼル・ワシントン
ジェイソン・ロバーズ
メアリー・スティーンバージェン
アントニオ・バンデラス
ジョアン・ウッドワード

この作品は監督のデミの演出も素晴らしく、解雇された弁護士の母親の
存在感を映画の中に取り込むセンスに脱帽です。

さらに、もう一人の主役デンゼル・ワシントンの熱血溢れる裁判での弁護
クライマックスのひとつです。




posted by fumon at 15:10| Comment(0) | 社会派ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。