2010年12月07日

硫黄島からの手紙

(LETTERS FROM IWO JIMA)

2006年に制作・公開されたクリント・イーストウッドが太平洋戦争を
描いた作品です。


硫黄島での激戦を日米双方からの視点で描く2部作のひとつです。
第一弾は「父親たちの星条旗」でした。

中でもクリント・イーストウッドが描いた日本の姿に感銘したものでした。
もちろん日本人から見ておかしいシーンはあるのですが、これまでの日本を
描く姿ではない。アラン・パーカーの「愛と哀しみの旅路」と同様の感じを
うけます。



監督: クリント・イーストウッド
製作: クリント・イーストウッド
スティーヴン・スピルバーグ
ロバート・ロレンツ
製作総指揮: ポール・ハギス
原作: 栗林忠道 『「玉砕総指揮官」の絵手紙』
小学館文庫刊)
吉田津由子 (編)

原案: アイリス・ヤマシタ
ポール・ハギス
脚本: アイリス・ヤマシタ
撮影: トム・スターン
美術: ヘンリー・バムステッド
ジェームズ・J・ムラカミ
衣装デザイン: デボラ・ホッパー
編集: ジョエル・コックス
ゲイリー・D・ローチ
音楽: カイル・イーストウッド
マイケル・スティーヴンス

出演
渡辺謙
二宮和也
伊原剛志
加瀬亮
松崎悠希
中村獅童
裕木奈江
ルーク・エバール
マーク・モーゼス
ロクサーヌ・ハート
尾崎英二郎


余談ですが、日本語での英語字幕は結構勉強に成ります。






posted by fumon at 23:51| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。