2011年01月20日

から騒ぎ

(MUCH ADO ABOUT NOTHING)

1993年に制作・公開されたシェイクスピア原作の映画です。

まさに演劇人として才能を如何なく発揮したケネス・ブラナーの手腕
は見事で、しかもこれほどの古典を現代の我々に共感を持って楽しま
せてくれるところなど脱帽です。

さらにデンゼル・ワシントンとキアヌ・リーブスを異母兄弟という設定
でキャスティングするところに彼の偉大さとデンゼルの演技を超えた
存在感を示すものです。




監督: ケネス・ブラナー
製作: ケネス・ブラナー
スティーヴン・エヴァンズ
デヴィッド・パーフィット
原作: ウィリアム・シェイクスピア
脚本: ケネス・ブラナー
撮影: ロジャー・ランサー
音楽: パトリック・ドイル

出演
ケネス・ブラナー
エマ・トンプソン
デンゼル・ワシントン
ロバート・ショーン・レナード
キアヌ・リーヴス
ケイト・ベッキンセイル
マイケル・キートン
リチャード・ブライアーズ
アレックス・ロー
ブライアン・ブレッスド

この動画の6分くらいから始まるドン・ペドロ(ワシントン)一行の乗馬
シーンは映画の魅力を十二分に生かしております。

戦いから戻ったドン・ペドロの一行を村人から歓迎されます。その夜の
歓迎の宴は男女の恋を予感させるものでした。

若い2人の恋には邪魔が入ったり、彼らの恋を成就させようとしたり、まさに
から騒ぎの状態に成ります。




posted by fumon at 23:08| Comment(0) | コメディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。