2011年01月24日

デッドマン・ウォーキング

(DEAD MAN WALKING)

1995年に制作された映画で死刑問題に取り組んだ作品です。
(日本での公開は1996年7月)


監督・脚本はスーザン・サランドンの夫であったティム・ロビンスが
手掛けております。



監督: ティム・ロビンス
製作: ジョン・キリク
ティム・ロビンス
ラッド・シモンズ
製作総指揮: ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
原作: ヘレン・プレジャン
脚本: ティム・ロビンス
撮影: ロジャー・A・ディーキンス
音楽: デヴィッド・ロビンス
主題歌: ブルース・スプリングスティーン

出演
スーザン・サランドン
ショーン・ペン
ロバート・プロスキー
レイモンド・J・バリー
R・リー・アーメイ
セリア・ウェストン
ロイス・スミス
ロバータ・マクスウェル

ルイジアナ州ニュー・オリンズにある教会「希望の家」で働く
シスター・ヘレンのもとに、死刑囚マシューからの手紙が届いた

彼は殺人罪で死刑が宣告されていた。シスターに手紙を書いたのも
その犯罪での相棒は無期懲役だった為、怒りと特赦を得たいが為だった。

しかし、シスターの働きかけにも嘆願は却下され、死刑が執行される
日が近づく、シスターは死刑囚マシューの人間への怒りを感じても、
これから死刑が執行されることに煩悶していた。

遂にマシューは死刑を受け入れ、刑場に歩いていく....

テーマが重く、見ごたえのあるドラマに仕上がっております。

個人的には死刑廃止には反対ですが、死刑の持つ意味を考える上で
必ず見ておくべき作品です。








posted by fumon at 15:42| Comment(0) | 社会派ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。